湘南ホライズンファミリーチャーチTOPヘ キリスト教会 湘南ホライズンファミリーチャーチ
〒247-0063 神奈川県鎌倉市梶原58-3
Tel/Fax 0467-47-0295

湘南ホライズンファミリーチャーチについて 礼拝のご案内 モンテッソーリ教室・鎌倉こどもの家 思い出写真館 地図・アクセス リンク
About Us Service Montessori School Photos Access Links

加藤允基牧師の歩み
1.悩みの中の青春時代−魂の渇き

 私の誕生の地は、兵庫県にある相生という小さな町でした。小学年の時、美しい港町・神戸の舞子という海に近い町に引越した。やがて高校生になり、卓球三昧の日々を過していた。

2年になってやっと勉強を開始したが、幸い憧れの大学の工学部に合格でき、大喜びで学生生活をスタートした。しかし。。。

入学後、孤独と空しさが私の人生を襲ってきた。それを埋めようと、歌声クラブやマンドリンクラブ等の部活に精を出したが、心は満たされない。

「この孤独・空しさをどうすれば埋めることができるのだろうか?僕は何のために生きているのか?」私は生きる意味と力を求め、人生論の本を貪り読んだが、答えには出会えなかった。



高校時代・左

2.さすらい−生きる目的を求めて

 そんな時、「聖書プレゼント」と書いてある新聞広告を発見!早速、聖書を手にした。が、よく理解できなく放置した。

大学2年も終わる頃、あの新聞広告主の「日本ミッション」という団体から、講演会の招待状が届いた。場所は大阪と遠かったが、生きる意味と力を求めていた私は、答えを求めてはるばる出かけた。丁度、20才の誕生日当日だった。そこで「さすらい」という本に出会い、夜を徹して一気に読んだ。心に希望が差し込んできた。

次の日曜日、生まれて初めて、キリスト教会の礼拝に出席した。坂の上にある「日本イエスキリスト教団垂水教会」というプロテスタント教会だった。優しい牧師先生と親切な若者が出迎えてくれた。その交わりが楽しく気に入ったので、毎週、通うようになった。




マンドリンクラブ時代・右
そして、聖書の言葉に触れるに従い、私は聖書の言葉に心惹かれると共に、自分の弱さや罪に直面していった。聖書の言葉を実行しようとしても実行できない自分に悩んだ。そんな日々が続き、ついに教会に行かなくなってしまった。その時は、まだ聖書の真のメッセージ、恵みのメッセージがわかっていなかった。
あなたも人生に悩んでいませんか?諦めないで下さい。きっと解決があります。

3.人生最大の出来事−大きな出会い

 ある日、突然、牧師さんの娘さんから電話があった。「加藤君、最近顔見ないけど、どうしているの?来週ぜひいらっしゃい!」。その一本の電話が、やがて私を人生最大の出来事に導くことになった。私は、もう一度教会に行ってみよう、という気になった。

大学4年の夏の夜の若者の集いの時、私は発見した。
「僕が罪があるから、僕の罪の身代わりに神の子イエス様が十字架で死れたのだ。だから、僕はこのままの状態で神のもとに帰ればいいのだ」と。
私は、その夜思い切って、神に自分の罪を告白した。


丁度そんな時だった。「ビリーグラハム国際大会」という、有名な伝道者の話が東京の武道館であると聞き、友達をさそって出かけた。大学4年の秋10月だった。講師のビリーグラハム博士が、聖書の言葉を引用し、愛と確信に満ちてこう語られた。



大学時代の夏の合宿・中央
「神は、実に、そのひとり子イエスキリストを、あなたの罪の身代わりに十字架にかけるほどに、あなたを愛しておられる。それはあなたが滅びることなく、永遠のいのちを持つためです。神はあなたを命がけで愛しておられる!いのちに満ちた人生を生きる秘訣は、御子イエス・キリストを救い主と信じ受け入れ、神の愛を受け入れて生きることです!」

その神の愛の事実に目が開かれた時、私の心は圧倒され、私の目に涙が溢れてきた。
そのとき、私を本気で愛しておられる生ける真実な神に出会った!!
私はイエス・キリストを私の救い主と信じる決断をし、神の愛の懐に思い切って飛び込んだ。何にも勝る、人生最大の出来事が私に起こった!

その冬、「あなたは私に従ってきなさい」との神の語りかけに応答し、1224日、21歳のクリスマスの日、中島彰牧師から洗礼を受けた。神に生かされる新しい人生がスタートした。


4.逆境に打ち勝つ人生−揺るぎない土台の上に

 大学卒業後、私はH社に入社上京し、システムエンジニアとして働き始めた。
やがて、クリスチャンの女性と結婚し3人の子供が与えられた。又、両親や兄弟もクリスチャンになることができ、感謝している。

仕事の面では、入社以来、JR関係、産業分野、金融分野、海外関係、リエンジニアリング分野、生産技術関係等々、多岐に渡る経験をさせて頂いた。その中で、30代の後半には、鎌倉に家が与えられ、その家を用いて、新しく教会を生み出すチャンスも与えられた。

しかし、
又、多くの困難にも直面した。自分の会社人生を捨てることになるかもしれない、大きな挫折をも経験した。

しかし、その挫折があったゆえに、私に大きなチャンスが与えられた。神学校で専門的に世界の聖書を学ぶ、又とない機会を手にした!
夜の神学校・JTJ宣教神学校で6年かけて聖書を学んだ。深夜の勉強が続き、楽ではなかったが、感動に溢れた楽しい学びの日々だった。



 実に人生は順境あり逆境あり。しかし、どんな時にも、神様は、聖書の言葉で私を励まし、立ち上がらせ、不可能を可能として下さった。あなたもこのような神の冒険に満ちた人生を歩むことが出来ます。

20013月の卒業を期に新しいチャレンジが与えられ、20024月から、ビジネスマンとして働きつつ、家族や若い仲間と共に、新しくベンチャ−・キリスト教会「湘南ホライズンファミリーチャーチ」及び「モンテッソーリ幼児教育・鎌倉こどもの家」をスタートさせた。20064月からは、38年間勤めた会社を退職し、見積技術コンサルタントとして、専門分野のソフトウエア見積技術(ファンクションポイント法)の教育に携わりつつ、本格的に、牧師としての働きを開始した。

5.あなたも発見してほしい−悔いのない人生を

 私のささやかな体験談に目を通してくださり、ありがとうございます。あなたは今、人生のどこにおられますか?
順境ですか逆境ですか?あなたを根底から支える、真に信頼できる方にあなたは出会いましたか?

あなたを愛し、あなたに人生の目的を教え、不可能を可能としてくださる方、万事を益として下さる方・真の神がおられます。人生は、この方を発見し、この方に出会うための旅だと、最近、強く思わされます。


有名な哲学者アウグスチヌスは言いました。
「あなた(神様)は私たちを、ご自身にむけてお造りになりました。ですから私たちの心は、あなた(神様)のうちに憩うまで、安らぎを得ることが出来ない」。



 
 私たちに、赦し、平安、目的、希望、勇気、力を与えることが出来る唯一の方があなたを招いておられます。
求めなさい。捜しなさい。たたきなさい。そうすれば開かれます。」

すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。たましいに安らぎが来ます。」

全ての人に100%確実な事、それは、人は必ずこの世を去るという事実です。その時でもあなたを支えるもの、人生でなくてはならないものを手にしたいとは願われませんか!一度限りの人生です。本物に出会い、いのちに満ちた生きを発見して頂きたいと願います。
そのためにも、ぜひ、神の言葉・聖書を一緒に学んでみませんか。
一度、私達の教会を訪問してみてください

Eメール officei@shonanhorizon.com


TOP

Copyright (C) 2006 Shonan Horizon Family Church.All Rights Reserved.